住育ステージと輪郭

  誰もが経験する、親子世代の、調和と違和感 理解の少し手前ですれ違う期間を経験しているのでは、無いでしょうか?


家族が集う住まいの器としては、親族、友人、単独訪問についての、対応や、懇談が予想されます。

時間、頻度は、それぞれになりますが、その予定で、間取りが、設定されていることも、それぞれ、現実だと思います。


 資産の構築のみならず、日毎の便利、集いの楽しみ、優先順位も予定されていたり、良い習慣が生まれる事もあると思います。


 私たちは、育つ器として、住まいを考えます。

お子様の成長のみならず、両親、親族が、迎える時代を受け入れ、ともに 成長する喜びを感じていただける事を望みます。


 その時代の情報について、少々お手伝いさせていただくつもりです。




住育

 私たちは、「 育み 」の生活ステージの歩みとして、

社会的な時代背景の輪郭に、それぞれの人生設計価値観に芽生え、家族、親族、友人、知人を通じて

教育、食育、の育み等に加えて、五感を潤す環境を成長過程で構築できる、受け皿の発想を、

住まいとして求め、継続して、生活構成変化に対応出来る、住育環境を大切に考えます。

   ・プランニング

   ・外観

   ・エクステリア

   ・周辺 環境

   ・交通

   ・立地

 

 住まいを計画するイメージとして、「良い住まいに住みたい!」それは、

どのように、誰にとって良い住まいなのだろうか?世代交代30年、住まいの主人公は次世代へと、引き継がれる事の対応に俊敏に反応できる環境の構築が、

望ましい事に違いないと考えます

 住まいを建て替えてしまう事のみでは無く、既存伝統を引き継げるシステム、そして、オーナー自身が変わってしまう場合でも、既存建物の輪郭が、

エクステリアとの生活融合が、うまくできた住まいとして、構成変化最小限で、生活変化に対応できる、住まいの計画が、経済及び資材の利用継続として、大切な要素になると考えます。

 

 住育を図る上での現在の生活環境からの再構築計画は、その住まいの、購入時の契約システムによって、希望の整う範囲が異なる場合があります。

どのようなケースが、自身の計画イメージにあった選別、決定になるか、そして、成長家族の生活スタイルを叶えるかの要を縁取る計画決定の選別と、

 契約環境も、有意義な、納得のできるシステムに召還できる計画ポイントを考案することが、住育ステージ設計の要になると考えます。

具体的には、注文住宅、分譲住宅、中古流通リノベーション、マンション、等の生活輪郭の決定からの出発になります。

 

 

注文住宅 と 分譲住宅

    「生活環境が、こんなスタイルでなければ、住育環境に適さない」

    「そしてこの環境計画が、ベストです。」

                     上記のように、

 

   語り継がれる定理、公約数、そして共通の本物志向は、存在しないところが、住育追求の魅力になる事と考えます。

現在、多くの家族みらいの希望を整理、その荷重の順序建をうまく計画注文したとしても、未来予想図は、不透明。

 

 どう方針を立てればいいのか!と言う不安を、 前向きな情報整理として、承知納得して実行する事になります。

発育過程にある、社会と家庭という、色合い文字情報のキャンバスを、興味のある視点、感情、時間効率のバランスを通じて

楽しい、人気のある住まい方を、継続できる事が望ましいと考えます。 

 

  住まいを設ける土地を、既存所有しているか、または、これから、立地環境の選択共に、入手するかについては、

資金調達のボリュウムは、別として、 既存計画地域固定志向新規計画地域移動志向に分かれる重要な

環境決定傾向からの出発する事になります。

建物計画には、請負契約、または、売買契約等の条件を付加した内容分析にて、 育み計画の構想を検討する事になります。

  

 

 

   住育環境のステージとして、注文住宅 分譲住宅の俗称で、独立住宅の専有、所有権の獲得が、人生に付加される事になります。

また、住宅建設の希望として、計画過程を意識する思い入れを、


      次世代を迎える場合の重要度合いの考案か、

      現代維持を満足する計画投資に繁栄するか、


 傾向判断と流動性の検討継続は、重なり検討する事かもしれません。 

 次世代に生活の実りと、未来計画の可変性、潤い、集い、情報等の 世代交代が、有意義に満たされるように、

比重を決めることは、伝統意識である家相的発想のみでは測れない、経験の伝達の優位性を活かす必要を感じて参ります。

 

 ケースとしては、家族が、伝承する生活意識のファミリースタイルの計画性に通じる、

良質案の確保とバランスが求められます。現代の家庭経済を牽引する職業が、伝承するか、未定か、

また確実に変化する見込みで暮らすことによっては、計画環境に目的エネルギーを充填するポイントが異なります。

 分譲住宅 と言われる、地域開発、宅地造成等によって宅地区分された、立地環境の場合生活エリアの

目的環境は、都市型、郊外型として整った満足を購入する、資産価値の周辺環境の決定が先行します。

 

 住育環境輪郭の要素として、現代の住まい方を重視し、住宅建設に発展する事ができ、

次世代生活では、定住と移住という、地域環境の継続か、

          職種職席による地域環境の変換を、

 家族全体で望むか、次世代と分離するかの再選択が、ライフスケジュールとして、

判断を、視野に入れやすい、

フレキシブルな、環境選択として、経験サービス の遠隔を受け入れる事を基盤とする事ができます。

 

 現代の職業選択では、遡る年度5年毎の変化を確かめれば、めまぐるしい通信、情報の発達から、

個人が、情報の先端を見据える事に、視野を広げやすくなりました。 しかし、情報、通信技術の多くは

地域職場の職席にて、必要範囲利用されている現状です。

 

 また、教育現場にPC、タブレット、そして黒板が、プロジェクターなどに、多く変化している現状ですが、

ペーパレスの到達ビジネスオフィスに近い変革が、時代到達するには、感性共、発育過程の教育が、

学校と住まいの連絡システムを超えて、浸透する時代には、新たな住育コックピットとして、住まいの

個室、または共用部に、PC連絡システムの企画ブースを儲ける事になると考えられます。

 

 分譲住宅は、トータルコーディネート住宅として、現在の販売にある、環境遮断性能の比較に加えて、

計画案のフレキシブルに、優先ボリュウムと情報のストレスの無い企画提案、そして集い、潤いの、

健康家族の住まい提案を重ね、選べる生活の様子へと、向上していく事が望ましいと考えられます。

 

 

 

 注文住宅として、地域永住計画を検討する場合と、永住世代が、親子世代に確定しているか、

可変性を次世代が持つかによっては、その時代の満足度、そして次世代の加わる、さらなる快適性。

 それは、衝動でなく、

厳密な家族計画のイメージに影響する見通しから有意義に発展することの条件を構築します。

 

分譲区画販売における、建物注文式も、販売会社の連動条件付を外せば、多くの計画希望は叶うものですが、

 

 住宅性能について、その求め方を平均化するか、希望突出化できるかのスタンスについては、

違った建物になって参ります。

 

 エネルギー消費、環境比較は、立地方位の条件を有意義に取り組む、自然流が要となります。

環境条件は、平地、傾斜地、を含み、個性と魅力が、一般に悪条件と見られる法が、その条件を生かす

驚きが生まれます。


               個性を生かし、驚きを産み、住まう楽しみ、喜びの想い出を重ねる


              時空を超えた、住まいの設計 が、継続します。