ホーム  012

神戸北野町  その歴史と話題の生活の溶け込む様子

 そこには、卓越した デザインが、数百年の歴史を刻み始めます。

   ストーリースケッチは、パターン化しない外観のコンビネ-ションに、時間と、四季の香りが、履歴の延長を装います。

  伝統のある街並み、異なった完成との調和は、認められない、そんな未来的変貌は、異例に感じられるだろうか?

しかし、街並みは、博物館の暮らしが延長するわけでもなく、その現在から未来への、グラディエーションを語る、デザインの提案を受け入れていただきました。

  クールエレガント の装いは、四季の彩りに輪郭を与え、重量のある壁面の力強い陰影は、数百年の歴史を、さらに積み重ねる完成のベースになります。