地階のある住まい

 

 

 造成地 高台の計画は、アプローチ外部階段が、雨天、夜間のアクセスになれても、エントランスまでの、負担のある、

生活動線になります。 駐車してそのまま内部へのエントランスホールへの動線を導きたいものです。

 慣れない負担を感じる、外部からのアクセスは、サブウエイとして、お庭の四季を感じる経路として生かし、

習慣段差の対応が気になる、 御来客への配慮としても2WAYアクセスの配慮は、気楽になります。

 

  

  高台の宅地にある建物に課せられた、アプローチ負担を、当たり前感覚に受け止めるか、

負担を、利点に転じた発想にまとめるか、コストに、挑むか、回避するか、それぞれが、生み出す

メリット、デメリットの狭間に、地下階付、三層二階建混構造として、計画用途地域を超越する提案の発展が見込めます。